三木さんさんまつり

2011年09月05日

防災関連フェスタ

この度の東日本大震災は地震と津波、そして、原子力の安全性等に大きな教訓と課題を残しました。
また、21世紀中には南海地震などの大災害が再び起こるといわれています。大規模災害時には自治体や防災関係機関が支援する「公助」に併せて、近所同士が助け合う「共助」と、自分の身は自分で守る「自助」の力をいかに備えているかが大切です。
三木さんさんまつりでは、日頃から共に助け合う防災意識の向上を図るため、地元の三木消防本部と連携しながら、来場する住民の方に親しみながら身近に災害への備えや対応を学んでいただくために、防災関連フェスタを実施します。

1.防災関係(三木市消防本部)

・ 煙のトンネル体験 
防炎フードを付けて、発煙ハウスの中に入り、実際に煙の怖さを体験します。

・消火器による消火訓練
水消火器を用いて標的に向けて放水、消火器の取扱方法を学びます。

・消防隊員によるAED心肺蘇生訓練
人口呼吸・心臓マッサージなどの応急処置の方法や、AED(自動体外式除細器)の使用方法について体験します。

・消防車の展示
化学消防自動車などの展示を行います。(子供を対象)

・住宅用火災警報器の設置の展示・相談コーナー
本年6月1日から完全義務化となりました。住宅用火災警報器の展示と、購入・設置についての相談コーナーです。

・消防士の顔出しコーナー
撮影用パネル・消防防火服(衣裳)を使って写真撮影をします。(子供対象)

2.東日本大震災被災地との交流事業(県立舞子高校)

兵庫県立舞子高校の被災地でのボランティア活動をパネルにて紹介します。復興に向けての報告を行いながら、震災の教訓を共有発信します。併せて被災地への義援金活動も行います。

3.フェニックス共済加入促進のPR(兵庫県住宅再建共済基金)

まつり防災1まつり防災2

まつり防災3まつり防災4


まつり防災5まつり防災6



mikisansan at 22:05│Comments(1)TrackBack(0)過去の記録 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 兵庫県のAED購入   2017年01月31日 12:36
1 兵庫県のAED購入を方途使うのか。派遣する関係のものします。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字